保育園選びのポイント! 〜 見学時や料金などの注意点〜

スポンサーリンク

保育園選びのポイント

保育園見学・決定時に確認しておきたいこと

ここ近年、東京都をはじめとする都心部を中心に、
保育園の不足と待機児童の増加が問題になっています。

一方地方では、少子高齢化が深刻な地域も増えてきており、
子育てしやすい環境をうたう市町村もしばしば見られます。

今回は、未就学児を育てる家庭で、
子どもの預け先を探すときの注意点や、
保育園を選ぶ際のポイントについてご紹介します。

知っていますか?認可保育園と不認可保育園の違い

保育園は、大別すると「認可保育園」「無認可保育園」の2種類に分かれます。

多くのママたちが認可保育園の方に魅力を感じているようですが、
どんな状況でどこにどんな違いがあるかみなさんはご存知でしょうか。
ここで、双方の違いをしっかりと理解しておきましょう。

●認可保育園

簡単にいえば、「国」が定める一定の基準を満たしていると
「認可」された保育園・保育所のことを、認可保育園といいます。

施設の広さ、給食を提供する設備、衛生管理、
保育を行う職員数などの条件を満たしている保育園に対し、
都道府県知事が認可をします。

これらの条件は、児童福祉法という法律に基づいています。

●無認可保育園

認可保育園以外の保育園・保育所のことを、無認可(認可外)保育園といいます。
児童福祉法の基準を満たすことができない保育園ということになりますが、その多くは一部条件に満たないという理由から認可が下りていないようです。
商用施設の一室や駅前のマンションなど、利便性の高い保育園などが、この無認可保育園に当てはまっています。

スポンサーリンク

保育園を選ぶときの4つのポイント

毎日の送り迎えや、どこまで子どもの世話をしてもらえるのか、友達の数、遊具の多さや施設の広さなど、大切な子どものためですから、育児をより安心して任せることができる環境を求めると、条件を考え出したら切りはないでしょう。

保育園を選ぶ際には、見るべきポイントを明確にしておくと、保育園を絞り込みやすくなるのです。

ホームページなどもしっかり確認して行きましょう。

●ポイントその1 家からの距離

毎日通うことになる保育園までの距離を考えてみてください。
自宅から通いやすいというのは、家の近くにある保育園の大きなメリットです。

職場から家までの距離が近いと、さらに移動にかかる時間を短縮することができるでしょう。
ママたちの中には、職場から近い場所にある保育園を探す人たちもいます。

しかし、保育園行事が仕事が休みの日にあった場合は、休日にかかわらず会社の近くまで出向くことになるので、住まいを基準にして近くにある保育園の方が便利に感じるでしょう。

保育園が生活圏の中にあると、散歩中や買い物の途中に保育園のお友達家族と出会う機会も増えるかもしれません。
大きくなって小学校に入学する時、同じ学校に通うお友達がいると安心感がありますね。

●ポイントその2 保育園の教育方針

保育園の規模やその取り組みは、園によって様々です。

中でも無認可保育園は、親のニーズやサービスを考慮して教育方針を立案、実施しているところが多くあります。

保育園の中でも教育に対して熱心なところは、外国人講師による英会話の時間、本読みや字を書く練習、ダンスをする時間などを保育時間に組み入れることもあります。

他にも、運動や英会話を教育の指針にし、専門的なカリキュラムを取り入れて能力を伸ばすという方針の園などがあります。

それとは反対に、のびのびと自由にすごす時間を十分に確保している保育園もあります。

子どもたちがどんな風に時間をすごし、どのように遊び、どのように学びに取り組むのかという方向性や教育方針などの状況は本当に多彩なのです。

●ポイントその3 保育園の規模

保育園の規模によって、受け入れ人数にも大きな違いがあります。認可保育園の場合、その多くは同じ年齢の子どもたち同士でクラスを作り、1クラス20人程度に分けられています。

保育士の目が届くよう配慮された人数で、同じ年の子どもたち同士で多くの時間をすごすことになります。

無認可保育園では、その規模の大きさにはばらつきがあります。

限られたスペースの中で数人を預かる少人数制の保育園もあれば、全体で100人を超えるような大規模な保育園もあります。

園児の年齢でクラスを縦割りするのではなく、異なる年の子どもたち同士で遊んだり、同じ時間をすごして、年上や年下の子どもたちとも交流できるような保育園もあるのです。

●ポイントその4 保育時間

親にとっては、保育時間は長ければ長いほどありがたいものに感じるものでしょう。

認可保育園の場合、受け入れは午前7時すぎから、夕方6時までを保育時間としているのが一般的なようです。

保育園見学をするときの4つのポイント

どんな保育園なのか現場を知るためには、たくさんの資料を集めることよりも、実際にその施設を見てみることが一番の方法でしょう。

保育園に通う子どもたちの様子や保育士さんの様子を、できるだけ目で見て確認して、施設の雰囲気を感じることが大切です。

●ポイントその1 園児の笑い声・泣き声

保育園に通う子どもたちや、そのお世話をしている保育士さんたちは、どのような様子で時間をすごしているのでしょうか。

ママたちの中には、保育園に通っていた経験がある人もいるでしょうから、自分が子どもだった頃の記憶をたよりに、保育園の様子を思い出してみるのもいいかもしれません。

しかし何よりも、子どもたちがどんな風に時間をすごしているのかを
知るために役立つのが 「声」 です。

ご近所さんに迷惑がかかることを懸念して、家の中では大きな声ではしゃぐ子どもを叱ってしまう両親もいることでしょう。

一方保育園では、子どもたちがのびのびと楽しく遊びながら、集団生活の中で決まりを守ることを学んでいきます。

時には、お友達同士でけんかをしてしまうこともあるでしょう。

けんかをすれば、泣いてしまう子どももいます。その笑ったり泣いたりする「声」が聞こえる保育園かどうか、それを一つの判断基準にしてみてください。

絵本を読んだり、給食を食べたりして静かにすごす時間や、園のみんなでのびのびと遊んでいる時間など、タイムスケジュールによって声のボリュームも異なります。

保育園の活動時間に合わせてその様子を確認するのが良いでしょう。

●ポイントその2 保育園の設備

保育園の建物や遊具などの設備は、一通り見て確認しましょう。

特に優先して見ておきたいのは、新しい設備や最新の用具を揃えているかどうかではなく、防犯や子どもの怪我・事故に対する配慮ができているかどうかです。

料金だけをみて決めると間違いが起きやすいです。

新しくてきれいな設備が揃っていることだけで安心してはいけません。

長年運営している認可保育園の設備は、県または市町村の予算によって導入が決まっているため、使用している設備や機器は古いものを大切に使っているということもよくあるのです。

ポイントは、その設備がしっかりとメンテナンスされていて、必要なものが揃っているかどうか、ということです。

しかし、トイレや水道などの水周りについては、きちんと整備されているかどうか見ておくべきです。

衛生面や、しつけを通した子どもの成長には欠かせない点です。多少古くても、掃除が行き届いているかどうかや、不衛生になっていないかどうかを確認しましょう。

●ポイントその3 保育士の様子

保育園に勤務している保育士さんの様子も見ておきたいポイントです。

若手の先生からベテランの先生まで様々いるかと思いますが、フットワークが軽いのか、笑顔が見られるか、などを確認しておくと良いでしょう。

子どもたちと多くの時間を過ごす保育士さんが、だらだらと行動していたり、先生同士が子どもの前で仕事以外の話をしていたりする様子が見られた場合は、より注意して見ておいたほうが良いかもしれません。

子どもが信頼する保育士さんというのは、子どもたちの方から自然と声をかけ、周りに集まりだすものです。

保育士さんを見て楽しそうに子どもが集まっていく様子が見られれば、安心できる保育士さんがいる保育園だ、ということがわかるでしょう。

●ポイントその4 掲示板やポスター

園内やクラスの掲示板を見ると、その保育園が子どものお世話や活動に熱心かどうかがわかります。
理想的なのは、歌の歌詞やみんなで描いた絵、クラスのお友達の名前をイラストや切り絵で飾り付けて掲示していることです。

子どもたちも、掲示物のない殺風景な教室では、明るく楽しい気分にはなれません。
子どもを基準にした「楽しい空間」が作られているかどうかをポイントにして、園内全体や廊下のポスターなども確認してみてください。

保育園を決定する際の3つのポイント

候補をいくつかに絞ったあと、いよいよ申し込む保育園をひとつに決定します。
魅力的な保育園がいくつかあり、ひとつには決められないようなこともあるのではないでしょうか。

それぞれの保育園にそれぞれの特色や良い点があり、なかなかひとつに絞り込めないような場合は、次のようなポイントで判断すると良いでしょう。

●ポイントその1 インスピレーション

「園の様子は魅力的なのに、なぜだかしっくりとこない」「他の園よりも少し古いところだけれど、なぜだかあそこがいいような気がする」などの直感は、時に頼りになるものです。

実をいうと、最初に見たときの第一印象は、よほどの条件が揃っていない限り、簡単には変わらないものなのです。

気が進まない選択をすることは、後になって後悔する原因となりかねません。インスピレーション(直感)も大切にしておきましょう。

●ポイントその2 利便性

いくつかある候補の中から最後のひとつに絞れない時は、最終的に毎日通う手間や時間がかからない保育園を選ぶのが良いでしょう。
登園は毎日続くものですから、仕事をしながらの送り迎えが、これから毎日続くことを想像してみてください。

公共機関を使って登園をする場合だと、バス停から数十分も歩かなければならず、電車やバスの本数が少ない場所にある保育園だと、通うだけで時間を費やしてしまいます。
また、車での送り迎えも、通りから外れた小道沿いにあるような保育園の場合、送迎時間に大渋滞が起こり、混雑・混乱が想定されますので、トラブルが心配です。

一方で大きな通りに面している保育園では、子どもを安全に保育園に送りだすことよりも、停車してから慌てて子どもを降車させることに気がいってしまうかもしれません。

安全に子どもの送り迎えができて、なおかつ親の負担が少なくなるような利便性を優先するのも良いでしょう。

●ポイントその3 園長と合うかどうか

園長は、保育園の中を取り仕切る全ての責任を担っています。
また、園長の人柄や性格、保育に対する考え方は、園の方針や万が一のトラブル時の対処法など、保育園全体の様子につながっています。

園長先生の方針や雰囲気が、大切な子どもを通わせたいと思う理想の保育園に近いかどうか、そのフィーリングを基にして考えるのも良いでしょう。

まとめ

保育園は、両親が働いている間、大切な子どもの育児の一端を任せる場所です。
そう簡単には決められないことでしょう。

そこで、一度保育園の見学会や内覧会に参加してみると、それぞれの園の良い点、気になる点が見えてきます。

子どもが楽しく、のびのびとすごせるような保育園を見つけたいものですね。

また、幼稚園との違いにも注意して選んで頂けたらと思います。

↑ここまでは保育園選びの注意点について書いてきました。

↓ここからは皆さんが気になる料金に触れてみたいと思います。

●保育園の料金の相場って?

保育園の料金は世帯の全体の年収で決まります。

シングルマザーやシングルファーザーであれば一人分。

夫婦だったら2人の合計額ですね。

あとは、所得と収入の違いにも注意しましょう。

所得とは自営業者ですから売り上げから経費を引いた金額になります。

会社員であれば収入から給与所得控除を引いたものになります。

下記の1から5も参考になさってください。

1、生活保護世帯
利用者負担は0円です。

2、市町村民税の非課税世帯(所得非課税世帯含む)
利用者の負担は3000円です。

3、市町村民税(所得割課税額77100円以下)
利用者の負担は16100円です。

4、市町村民税(所得割課税額211200円以下)
利用者の負担は20500円です。

5、市町村民税(所得割課税額211200円以上)
利用者の負担は25700円です。

●保育園はいつから無償化になるの?

2017年の出生率はなんと100万人を切っています。
しかも、2年連続。。。

約40年前には200万人を超えていたので半分以下になってしまいましたね。

『幼児教育無償化』の恩恵を受けるのは2013年4月生まれからです。

その理由は親の年代にあります。

2013年4月の子供を持つ親の年代は20代や30代に該当します。

内閣がその年代には子育てが厳しいだろうと判断した訳ですよ。

安倍さんが掲げた「人づくり革命」

その中で『幼児教育無償化』『待機児童解消』があります。

『幼児教育無償化』は2020年度からスタート予定。

======================
・3歳から5歳までの幼稚園児を持つ家庭に公定価格(月額2万5,700円)を支給。

・3歳から5歳までの認可保育園に通う子どもは保育料無償。

・0歳から2歳までの認可保育園に通う住民税非課税の子どもは保育料無償。

※5歳児のみ2019年4月より実施。認可外保育園については2018年夏までに検討。
======================

●いつから保育園に入れる?

親ならみんな考える問題だと思います。

実際にはいつから保育園に入れるのがベストなのか?

共働きの親ならば特に考えますよね。

会社に早く戻らないと自分の居場所がなくなるかもしれない。

子供が出来て頑張って稼がないといけないのに
自分の居場所がなくなれば大変なことにもなります。

でも、早くから保育園に入れすぎたら・・・

そこで何歳から入れるのがベストなのか??

実は保育園へ入園できる年齢は園によって違うんです。

認可保育園でも認可外保育園でも、
0歳児から受け入れている保育園は多くあるのですが、
1歳児からのみ受け入れている保育園もあります。

親が子どもを預けたいと思う時期と、
保育園で実際に子どもを預かってくれる時期が違う場合もありますよね。

そのような場合のために保育園で子どもを受け入れる時期を確認するのは必須です。

【生後57日から預けられる保育園もある】

労働基準法で出産の翌日から8週間は産後休業と決まっており、
母親は就業することができないのです。

母親が産後すぐに仕事に復帰する場合は、
産後休業明けから子どもを保育園に預けることになりますので注意が必要です。

それもあってか、
早いところでは生後57日からの子どもを受け入れている保育園もあります。

【生後4~8ヶ月から預けられる保育園が多い】

0歳児から受け入れを行っている保育園でも、
生後4ヶ月、6ヶ月、8ヶ月など、
受け入れる月齢を決めている園も数多く存在します。

●保育園と幼稚園の違いは?

幼児期の教育は特に、
その子どもの人格形成の基礎となります。

子どもが幼児期を過ごす環境としては、
保育園と幼稚園どちらが良いか気になる親御さんも多いでしょう。

保育園幼稚園の違いや
それぞれのメリットやデメリットについてご説明します。

保育園幼稚園は、
どっちも小学校入学前の子どもを保育する施設として認識されてます。

では、保育園幼稚園にはどのような違いがあるのでしょうか?

●保育園とは?

保育園は仕事や病気で長い間、子どもを保育できない保護者に変わって、
保育園の先生が子供の保育を行う施設なのです。

厚生労働省の管轄で、「児童福祉法」に基づいて保育を行い、
「保育士資格」を持つ先生が子どもたちを保育しています。

幼稚園とは?

小学校入学前の子どもの発達を助ける『教育施設』です。
文部科学省の管轄で「学校教育法」に基づき運営されています。
幼稚園の先生になるためには「幼稚園教諭1種免許」
「幼稚園教諭2種免許」が必要なのです。

どうでしたか?
この記事が少しでも皆さんのお役にたてば幸いです。
最後までお読み下さりありがとうございました♪

最後に・・・

全てではありませんが、
参考になるような公共のホームページを記載しておきますね(^∇^)

東京都

・渋谷区 

・港区

・品川区

・北区

・目黒区

・品川区

・板橋区

愛知県

・岡崎市

・安城市

・名古屋市北区

・蒲郡市

・日進市

*注意:検索して上位から順に書いてあります。

スポンサーリンク